栃木県と「災害時における情報収集活動業務の実施に関する協定」を締結しました。
 平成30年2月9日、弊社は栃木県庁にて、栃木県との「災害時における情報収集活動業務の実施に関する協定」を、弊社
の青木社長と福田知事がご臨席の下、締結しました。
 この協定は、災害が発生した時に、弊社が所有するドローン(無人航空機)や警備指揮車を活用し、情報収集活動がスムーズに実施されることを目的に締結されました。
 災害時には、ドローンで撮影した映像と警備指揮車で撮影されたカメラの映像が、県に配信され、弊社と県のパソコンでリアルタイムな確認ができるようになります。

※警備指揮車の機能:車体上部に設置したカメラ(上下120°、左右360°回転)により、異常気象や災害現場のリアルタイムな映像の取得が可能。ネットワーク回線の利用により、撮影された映像をパソコン等で閲覧し、より実地に即した具体的な指揮が行える。
締結内容を説明する青木社長 締結書にサインするようす

このウィンドウを閉じる